読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奄美大島CSAプロジェクト

奄美大島ではじまる地域支援型農業=CSAについてのページです

CSAプロジェクト勉強会!

 

10月29日、北海道からメノビレッジ長沼さん(レイさん、明子さん)が奄美大島に来ていただき、具体的な勉強会を行いました。

 

CSAに興味のある方が町内外から30名ほど集まってくださいました。

ありがとうございます!

 

 

f:id:amamicsa:20161030204419j:image

 

レイさんや明子さんは、全国、ときには韓国などの外国へも、この取り組みを広めるために講演してまわっているそうです。

 

今回の勉強会では、

ただのトップダウンの講演会ではなく、

ともに豊かな未来をイメージできて、楽しさを分かち合える会にしたい、との提案をレイさん、明子さんからいただいていました。

 f:id:amamicsa:20161030223536j:image

ということで、

冒頭には瀬戸内町でのお金の動きについてのデータを共有したところで

(こちらも後々詳しくブログに書きます)

(ざっくりいうと、今消費している食費の10%を地元産のものに切り替えるだけで、地域に回るお金は144人分の雇用を創出できる計算になる、ということです!)

 

島の野菜で想いのあるシェフに料理をしてもらい、それを味わいながら

島の食材でこんなことできるね!

と、楽しく盛り上がる会になればと思い、

f:id:amamicsa:20161030205434j:image

じゃ〜ん、

島野菜ビュッフェ!

 

古仁屋にあるレストラン、Ribさんにご協力いただいて、

島の野菜をおしゃれに、美味しく、調理していただきました。

(本当にありがとうございます!)

 

メニュー

  • 長命草の生春巻き
  • 長命草、ハンダマ、ツルムラサキの黒ゴマ和え
  • きび酢、島にんにく、島醤油のマリネ(長命草、ハンダマ、ツルムラサキ)
  • 島かぼちゃのサラダ
  • ハンダマのキッシュ
  • 島かぼちゃのキッシュ
  • 島豚のローストポーク ツルムラサキのソース
  • 島豚と島野菜のジンジャーソース
  • ツルムラサキのクレームブリュレ
  • 島みかんのクリームチーズ
  • 洛神花のジャム

 

島の食材だけで、こんなに美味しく豊かな食卓ができるなんて!

とくに、長命草の生春巻きは、長命草がいい具合にスパイシーで、パクチーほどのクセもなく食べやすくて、

大発見!

島に、もともとあるものなら、農家さんも育てやすい。

食べる人が美味しく調理するレパートリーを増やしていくことも、豊かな食生活を支える一端なんだと改めて気づきました。

 

そして、

北海道から、メノビレッジ長沼さんの粉と、島の黒糖、ざらめ、ごまでつくった

黒糖ごまロール!

f:id:amamicsa:20161030223232j:image

どれも、これも、本当に美味しく、

みんなで絶叫(絶叫していたのはわたしだけだったかな…?笑)しながら食べました。

 

そのあとは、

参加した人たちで自己紹介と、瀬戸内町のいいところ、困っているところなんかを共有しながら

当CSAの取り組みの方向性について考える機会になればと思いました。

 

沢山の立場から、沢山の意見、想いが出て、それぞれで共有しました。

 

とにかく、今回集まってくださったひとたちが共通して思うことは、

自分たちの暮らす島を良くしたい、

未来をより良くしていきたい、

と思っている方ばかりだと思うのです。

 

そのなかの、取り組みの一つとしてのCSA。

生きるうえで欠かせない、大事な食を支える農家さんを食べる人たちは家族のように大切に思い、

農家さんもまた、食べる人の顔が見えるぶん、より美味しく体にいい作物をつくろう、と思うようになる(明子さん談)

 

という、

まるで町の人々が大きな家族のようにゆるやかにつながる、そんな取り組みになってほしいな、とわたし個人としては願っています。

 

さて、

今回北海道から来ていただいたメノビレッジ長沼のレイさん、明子さんは

滞在中も町長や農林課長と対談をしたり、ヒヤリングしたり、ラジオ収録したりと大忙しでした。

 

その、収録したラジオの放送予定を告知します!

 

エフエムせとうち(76.8MHz)

10月31日 10:00〜、14:30〜、20:30〜

再放送

11月7日 21:00〜

 

放送予定です。

 

瀬戸内町のかた、どうぞチェックしてみてください!!


\お仲間募集中です!/
お問い合わせはお気軽に!
奄美大島CSAプロジェクト
amami.csa@gmail.com

 

【マネー・ワールド】共有型経済へ

先日NHKのマネー・ワールドという現代の資本主義経済への警告をする特集を行っておりました。

 

皆さんご覧になられましたか?

 

以前、

ドキュメンタリー映画『幸せの経済学』

という映画上映会をさせて頂きました。

 

この映画で話のあった、グローバル経済の話もでましたね。

 

下記の番組を見たら、更に地域支援型農業をやる理由という意味の理解も深まるかと思います。

 

爆笑問題さんが司会をしているので、面白く見れますよ!

 

全部で3話ありますので、お時間のあるときに一つずつ見てみてくださいね。

 

↓ ↓

 

 

 


私もまだまだ勉強不足ですが、

 

こうやって世界の大きな視点も持ちながら、このCSAの取り組みを考えると、

 

より勉強になりますね。

 

2050年ごろには資本主義経済から共有型経済へのシフト。

 

共有型経済って奄美が昔行っていた「共有≒結(足りないものを助ける精神)」という考えに近いのかもしれませんね。

 

【CSAプロジェクトワーキング告知】
10/29(土)のワーキングに参加したいただける方は、
瀬戸内町地域おこし協力隊 泰山(TEL080-8368-5976)まで連絡お願いいたします!!

場所:瀬戸内町Aコープ2階

時間:15時スタート

参加費:無料

 

本日の南海日日新聞のコラムに、先日の藻谷さんの講演会のことが書いていましたね。


f:id:amamicsa:20161024223652j:plain


皆さんのご参加心よりお待ちしております。


\お仲間募集中です!/
お問い合わせはお気軽に!
奄美大島CSAプロジェクト
amami.csa@gmail.com

地域から流れ出るお金ってどのくらい?

10/29(土)に行う奄美CSAプロジェクトのワーキングを
南海日日新聞に告知していただきました!

興味のある方はぜひ足をお運びくださいね!


f:id:amamicsa:20161023080643j:plain


皆さんは自分の住む地域からどのくらいのお金が入ってきて、出ていっているのか知っていますか?

自分の地域に残るお金が多いほど、自立している。

外に出るほど、地域外に依存している。

そんなお話です。

ではでは私が住む瀬戸内町は?


f:id:amamicsa:20161023081210j:plain


なんと、

『158億円』

ものお金が地域外に出ていっています。

急にすべてを地域でと言うわけにはいきませんが、

もし地域内でお金が循環すれば、

一人当たり年間250万円での雇用とした場合。

6000人以上の人の仕事が創出できます。

このお金の地域内循環の考えを地域の人たちで根付かせることはとても大切ではないかと思っています。


今まで

『消費』

というお金の使い方を、

まずは少しでもいいから、

地元の人が自分の地域に、自分達の仲間に

『投資』

という形でお金を支援する!

そしたら、

ありがとう

という感謝の言葉が仲間から戻ってくるかもしれませんよ~(^^)


ぜひ奄美の皆さん、一緒に地域を元気にしましょう!!


10/29(土)のワーキングに参加したいただける方は、
瀬戸内町地域おこし協力隊 泰山(TEL080-8368-5976)まで連絡お願いいたします!!


\お仲間募集中です!/
お問い合わせはお気軽に!
奄美大島CSAプロジェクト
amami.csa@gmail.com

藻谷浩介さん『奄美を元気にする方法』講演と奄美大島CSAプロジェクト

10月29日(土)のCSAプロジェクトのワーキングが近づいてまいりました!

そんな中、昨日は有名な『里山資本主義』の著者である藻谷浩介さんの講演会に行ってきました。

藻谷さんが考える「奄美を元気にする方法」の講演会が、
このCSAの考え方、取り組みそのものと感じましたのでシェアさせて頂きます。


藻谷さんが最初に参加者に聞いた問いが、

地域活性化って何ですか?」

でした。

そのクイズでは、

①「交通を便利にする?」
②「工場や職場を増やすこと?」
③「景気を良くすること?」
④「①~③の回答にはない!」

という選択クイズでした。

皆様はどう思いますか?

答えは、
④でした。

その内容がこの写真に書いています。

 ↓ ↓


f:id:amamicsa:20161016123921j:plain


そして各地域では、高齢者が増え、働き世代が流出していることが課題となっています。

奄美大島もその課題を抱えています。

そんな課題を解決するために、
藻谷さんからの提案・・・

『地域外に出て行くお金を減らそう』

という提案でした。

f:id:amamicsa:20161016130253j:plain


この写真を書き出しすと、

f:id:amamicsa:20161016130525j:plain


奄美大島の住民1人が年間に消費する額を150万とすると、
その1%の1.5万円を奄美産の消費に回すことができれば
約10億円ものお金が奄美内で回るそうです。

これは給与+福利厚生が1人当たり250万と換算すると、
400人の奄美内の雇用を創出が出来る試算となります。


更に、

f:id:amamicsa:20161016131408j:plain

地域の生産者と地域商業者が生き残る道は、
「地消地産」:地元で消費するものは極力地元産に。

という考え方を奄美の人たちが行動に移すこと。
f:id:amamicsa:20161016131647j:plain

どうでしょうか?

まさにCSA(地域支援型農業)の取り組みではないでしょうか??

作り手と食べ手の人たちが一緒になり、
奄美の食と農を豊かにしませんか?

奄美に元気を!

このCSAの取組をまだ知らないという方は、下記URLより、CSAの取り組みをご確認いただけると幸いです。

http://amamicsa.hatenablog.com/entry/2016/08/30/213232


そしてこの地域支援型農業のワーキングの時間場所が決定しましたので
ご報告させて頂きます!!
作り手ではないけど、という人もたくさんいますので、
ぜひ足をお運びください。

日  時 : 平成28年10月29日(土)
農協会館(A-coopせとうち2F) : 集合14時50分
午後15時~午後17時10分(終了予定)
参加費  : 無料
参加対象 : 誰でもご参加できます!(こちらに参加表明お願いします)
※終了後懇親会も行う予定ですので、そちらもご都合合えばご参加くださいね。

みんなで奄美のことを考えて、みんなでアクションしていきませんか?

\お仲間募集中です!/
お問い合わせはお気軽に!
奄美大島CSAプロジェクト
amami.csa@gmail.com


よろしくお願いします!!

北海道で見てきたこと④

さて、タイミング良く、

滞在中には札幌大通り公園で

さっぽろオータムフェストが開催してました。

 

f:id:amamicsa:20160923214635j:image

 

北海道、でっかいどう!

なんて、よく言いますが、

ものすごい数の出店数で、全部は歩ききれませんでした(°_°)

 

 

各地域や飲食店がそれぞれの名物を持ちより出店するのですが、海の幸から大地の恵みまで、本当に様々なものが食べられるのにびっくり。

f:id:amamicsa:20160923213455j:image

 地ビールも何種類もありました。

地域ごとのビールを飲み比べる楽しさ、なんていうのもオツですね。

 

f:id:amamicsa:20160923213506j:image

 町単位での出店も。

奄美市では各集落1ブランドなんて掲げていたような気がしましたが、

それこそ、北海道には町それぞれの名物があるんですね〜。

ゆるキャラが何匹(?)も、一生懸命売り子さんしてました。

 f:id:amamicsa:20160923214720j:image

この、ビール飲み比べ4種セット。

すべて北海道の名産品…

底力を見せつけられます。

 

やはり一次産業が盛んな北海道だからこそ、

こうしたカルチャーに結びつくんだなぁと実感しました。

 

すごい数の来場者…

とにかく、食べて飲んで、楽しいことがみんな大好きですよね〜。

収穫を祝うようなイベント。

こういうこともいつか出来たら楽しいだろうなぁなんて夢を膨らませました。

北海道で見てきたこと③

メノビレッジ長沼さんでの視察にて。

ゆっくり更新ですが、続きを書きます。

 

 

自分たちで生産し、加工する

 

大量のトマトソースを目撃。

大きな鍋でトマトをコトコト煮込んでおりました。

f:id:amamicsa:20160917110050j:image

f:id:amamicsa:20160917110607j:image

こうして、製品も自分たちで手作りしているんですね!

(この写真はお昼ゴハンをつくっているところですね!) 

 

f:id:amamicsa:20160919192349j:image

こちらは製粉機!

小麦を粉にして、

小麦粉、パンケーキミックスにしたり、

工房でパンを作ったりしているそうです。

 

f:id:amamicsa:20160919192909j:image

 

 (パンはCSAの会員さんからの受注を受けてからの生産なので、ロスが出ない仕組みになっているんだそうです。)

 

 

印象的だったのはお蕎麦のお話。

 

f:id:amamicsa:20160919193019j:image

 

こちらも、蕎麦の実を収穫して、加工をしてもらえるところにお願いしてから、販売、すると

ただ出荷すると一俵あたり数万の取引になるところが

加工費を差っ引いてもしっかりとした利益を生むことができます。

(かなりしっかりとした利益!)

(詳しい数字は今度直接聞いてみましょう!)

 

 

\お仲間募集中です!/
お問い合わせはお気軽に!
奄美大島CSAプロジェクト
amani.csa@gmail.com 

 

 

 

 

北海道で見てきたこと②

唐突ですが、

『石のスープ』というお話はご存知でしょうか??

 

メノビレッジ長沼さんでの打ち合わせの中で、

レイモンドさんと明子さんから、

石のスープのお話を聞かせてもらいました。

 

 

石のスープ(ポルトガル語: Sopa de pedra)は、

ポルトガルに伝わる民話。

そしてそのエピソードから、協力を集めるための呼び水の比喩にも使われる。

 

飢えた旅人(修道士とも)が集落にたどり着き、民家に食事を求めて立ち寄ったが、食べさせるものはないと断られてしまった。

 

一計を案じた旅人は、路傍の石を拾うともう一度民家にかけ合った。

 

「煮るとスープができる不思議な石を持っているのです。鍋と水だけでも貸してください」

 

興味を持った家人は旅人を招き入れた。

 

旅人は石を煮始めると「この石はもう古くなっているので濃いスープになりません。塩を加えるとよりおいしくなるのですが」と説明した。

家人は塩を持ってくる。

 

旅人は同じようにして、小麦と野菜と肉を持ってこさせた。

 

できあがったスープは見事な味に仕上がっていて、何も知らない家人は感激してしまった。旅人はスープのできる石を家人に預けると、また旅立っていった。

 

Wikipediaより引用)

 

f:id:amamicsa:20160914010410j:image

(写真はひまわり畑なのですが、走行中の車中から撮ったので美しさが伝わりきらなくってごめんなさいな一枚…)

 

 

 

無い無いと思っているところから、

実はすごい美味しいスープができる。

少しずつ持ってるものを出し合い、分け合うだけで、みんなで喜びも分かち合うことが出来る。

 

そんなメッセージが込められている石のスープのお話。

 

わたしたちになぞらえて、

教えてくださいました。

 

 

無い、のではなく、じつは有る。

とにかく、地元でやろう!と決めたのならば、その後につながる。

 

たとえば

 

前回の記事で書いたこと 

 北海道で見てきたこと① - 奄美大島CSAプロジェクト

 

お米について例えてみますが、

お米の自給率100%を目指すと決めたなら、

食べる人が鎌を持てば、

たとえば

150〜160haの土地をみ〜んなで田植え、草取り、稲刈り、するとして…

1人3〜4時間くらいの作業で1年間分のお米は刈り取れる…と、

具体的な数字、道筋も自然とクリアになってきます。

 

(なんか、自分にも出来そうな気がしてくる!!みんなと一緒なら!!)

 

 

さて、メノビレッジ長沼さんでの昼食。 

f:id:amamicsa:20160914011733j:image

これが、自給率100%のランチです!!!

なんて豊かなんでしょう…!!!

 

たくさんの仲間のみなさんと一緒に、いただきました。

f:id:amamicsa:20160914011755j:image

たくさんの仲間がいるから、

たくさんの食材と、たくさんの献立。

たくさんの人と繋がるって、

やっぱり、豊かさの源泉だと思います。

f:id:amamicsa:20160914011809j:image

美味しかったなぁ…。(しみじみ)

f:id:amamicsa:20160914011823j:image

スコーンも、焼きたて!

もちろん小麦粉も自給してます。

 

 

こんな美味しそうな写真ばっかり上げて、

きゃー、わたしも食べたいわん!

と、思ったみなさん!

 

安心してください!笑

 

レイさんと明子さんが奄美に来る10月下旬のイベントでは、この自給率100%の食卓を実際に感じてもらえるようなものにしようと企画してます。

(つまり、ごちそうを用意するつもりで準備してます!)

ぜひ奮ってご参加くださいませ!

 


《お問い合わせはお気軽にどうぞ!》
amani.csa@gmail.com

 

 

ワクワクすること、何か出来るね!と思えることを大事に

 

 

自分がそれぞれの立場で無理なくできることで

地域、未来に良いことのために貢献出来て、なおかつ、

中心に楽しみやワクワクがあること。

それで繋がりが出来上がっていくこと。

 

そんな人たちの集う町になること。

 

楽しいアイデアをみんなで出し合って、

このプロジェクトをみんなのものにしていきたいという想いで活動しています。

 

 

9月25日(日)

今回の北海道視察の報告と、

奄美大島CSAプロジェクトの概要や規約について、

11月に行われる北海道視察ツアーの参加についてのあれこれ、

話し合える機会に出来ればと思っています。

 

場所や時間は追って報告します!

 

前回のアンケート用紙に

連絡先を明記していただいた方には

こちらから改めて連絡しますので、もう少々お待ちくださいませ(^.^)☆

 

この奄美大島CSAプロジェクトは

常に開かれてる会になってますので、

初めましての方も、いつでも、いつからでも、好きなタイミングで自由にご参加ください!

 

 

わたくし泰山が、

ハートをオープンにして、

お待ちしています。

 

 

\お仲間募集中です!/
お問い合わせはお気軽に!
奄美大島CSAプロジェクト
amani.csa@gmail.com